2010年10月02日

Googleグーグルが発表「世界を変えるアイデア」

今やインターネットはグーグル抜きでは語れません。
そんなインターネット検索の最大手、米グーグルが、
会社設立10周年を記念して募集した


「世界を変えるアイデア」が、ついに発表されました。
グーグルは2年前の9月7日に創立10周年を迎えていますが、
この「世界を変えるアイデア」は、当時企画された


10周年の記念イベントとして開催されていたものです。


グーグルは1998年にラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏が
共同で設立し、2人がスタンフォード大学大学院在学時から
研究していた検索エンジンを「Google」として商用化し、


既に今年で12周年を迎えていますが、アイデアを募集した
結果、あまりにも投票が多く、投票開始を延期するなどの
アクシデントもありましたが、今回、ようやく発表に


こぎつけることができたようです。


15万件以上もの応募のなかから選ばれたアイデアは、
「教育コンテンツのオンラインでの無償提供」、
「科学、工学教育の推進」、「政府の透明性向上」、


「人力で動く公共交通機関の開発」、「アフリカの学生への
質の高い教育の提供」の5件です。


さらにGoogleは、これら5件のプロジェクトに対し、
合計で1000万ドルを提供するとのことです。


Googleの命名は本来、10の100乗を意味する「googol」だった
そうで、このスペルを間違え、検索エンジンのドメイン名を
「google.com」と登録したことに由来しているとされている


のは有名な話です。長者番付の常連になっている創設者の
ラリー・ペイジ氏とサーゲイ・ブリン氏ですが、いまや
グーグルはインターネットの世界に欠かせない存在として


君臨するようになりました。



ヤフーオークション【ヤフオク】売れる商品リスト
posted by nikinaru at 19:18| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
サーカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。