2010年11月23日

カンボジアの水祭りでパニック!345人死亡



カンボジアの首都であるプノンペンでは毎年恒例に
行われる「水祭り」があるのですが、その水祭りの
見物客らが橋の上で折り重なるように倒れ345人が死亡した


という恐ろしいニュースがはいってます。
カンボジアで行われる「水祭り」と言うのは、水をかけ合う
祭りではなく、ボートレース大会ということで、


祭りの期間の11月20日から22日の三日間はカンボジアの
各地からレースを観るためにかなり沢山の観光客が訪れるようで、
初日だけでも300万人以上訪れていたそうです。


事件が起こったのはメコン川に架かる市街地と川の中州を結ぶ
狭い橋の上ということで、少なくとも345人が死亡し、
400人以上が負傷しているという事です。


死亡者のほとんどは窒息と内臓の損傷が死因のようで、
事の発端は、見物客の間に橋が壊れそうだとのうわさが広まり、
見物客の中で押し合いが始まった事からのようです。


橋の上の逃げ場のない混雑した場所でパニックになったのでしょう。
何年か前に日本でも明石で起きた花火大会の事件を思い出します。


posted by nikinaru at 09:26| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
サーカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。