2010年12月16日

さかなクンが絶滅種クニマス発見!

特ダネのオープニングでも小倉さんが言ってたのですが、
タレントで、東京海洋大客員准教授のさかなクン(本名不明)
が、70年前に絶滅したとされる淡水魚「クニマス」を発見したそうです。


さかなクンが今でも生息してる事を発見したクニマスは、
環境省のレッドリストで絶滅種に指定されている日本固有の
淡水魚で、秋田県の田沢湖にだけ生息する固有種だったそうです。


京都大の中坊徹次教授がイラストレーターとしても活動している
さかなクンにクニマスの絵を頼んだところ、イラストを描くのに
特徴の似た山梨県西湖の「ヒメマス」を取り寄せたところ、


色が黒っぽいものが混じっているのに気づいたさかなクンが、
中坊教授に見せたところ、クニマスということが判明した
そうです。


なぜ、秋田県の田沢湖にのみ生息していて絶滅したはずの
クニマスが山梨県の西湖で生息しているのか?


実は、田沢湖で絶滅する5年ほど前に、放流のためにクニマス
の卵が西湖に運ばれた記録があったそうで、この時の卵が繁殖した
ものと推測されるそうです。


クニマスは西湖では「クロマス」と呼ばれているそうで、
今まで誰も絶滅種のクニマスとは気づかなかったようです。


大発見のさかなクンは、「クニマスを二度と滅ぼすことがないように、
“自然”“生きものの尊さ”をしっかりと考えていきたいです」
とのコメントを寄せたそうです。



シーバスフィッシングマスタークラス1 石丸 亮 釣り方情報 口コミ
posted by nikinaru at 16:33| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
サーカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。