2010年09月21日

松井稼頭央、日本球界復帰が濃厚か?

日本人メジャーリーガーの不振が続き、日本球界へ復帰する選手が
実際に現れそうです。


ロッキーズ傘下の3Aコロラドスプリングズでプレーしていた
松井稼頭央選手がFAとなり、来シーズンは日本球界への復帰が
濃厚と見られています。


松井稼頭央選手は15日、ロサンゼルス発の全日空機で帰国し、
注目される来季の所属チームに関しては明言しませんでしたが、
シーズン終了後には楽天が真っ先に獲得に乗り出すとみられて


います。これがすんなり決まれば、松井稼頭央選手は8年ぶりに
日本でプレーすることになります。


マイナー所属のままシーズンが終った松井稼頭央選手は、
例年よりも約3週間も早い帰国となりましたが、空港には
約40人の報道陣のほか、たくさんのファンがで迎えました。


メジャーでは目立った活躍を見せることができませんでしたが、
この辺りはさすがの人気と言えそうです。


報道陣に対して、松井稼頭央選手は「今シーズンは結果が
出ず3Aにいたので具体的に(メジャー)という話は
出てこないと思う」とコメントし、米国でのプレー続行が


厳しいことを認識している様子でした。


メッツやロッキーズなどで7年間プレーし、07年には
ワールドシリーズに出場しましたが、日本での活躍を考えれば、
満足できる結果を残せたシーズンはなかったのでは


ないでしょうか。もっとも、楽天は松井稼頭央選手の獲得に
非常に前向きな様子で、水面下では調査や交渉を進めていると
見られています。


松井稼頭央選手は二塁、遊撃、どちらのポジションも守れるので、
楽天の補強ポイントとも合致しています。


【野球】パーフェクト・トレーニングプログラム 足達貴行 ピッチング 口コミ
posted by nikinaru at 09:31| Comment(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

いつまで続くの?白鵬が50連勝を達成!

白鵬がついに節目となる50連勝を達成しましたね。


朝青龍が引退して、一人横綱として奮闘する白鵬が順調に
連勝を続けています。


秋場所3日目、横綱白鵬は若の里を寄り切りで圧倒し、ついに
50連勝の大台に乗せています。初場所の14日から続く連勝記録は、
昭和以降、史上3人目となる大記録です。


このまま連勝を続ければ今場所中に、元横綱千代の富士が
打ちたてた53連勝の記録を破ることになります。


若の里を破った3日目の相撲は、今月13日に最終日を迎えた
世界柔道に出場していたモンゴル人初の五輪金メダリスト、
ツブシンバヤル選手が観戦していたそうで、


母国の英雄の前で50連勝を達成したことになります。


白鵬の相撲は万全で、鋭く踏み込んで右四つ、左上手を奪い、
そのまま前に出て若の里を一蹴しました。


相手を全く寄せつけない盤石の相撲を見せつけ、千代の富士
の大記録を更新する勢いを十分に感じさせました。


取組後のインタビューで、白鵬は、「本当に集中できました。
流れで上手も取れたし、最後は万全の寄り。いい相撲でしたね」
と満面の笑みで自画自賛しています。


さらに、観戦していた柔道モンゴル代表のツブシンバヤル選手、
ツァガーンバータル選手らと共に記念撮影もおこないました。


朝青龍がいなくなって以降、白鵬の連勝記録は伸びていくばかり
です。あと3連勝で千代の富士の記録を更新しますが、


ひょっとすると、双葉山が打ちたてた69連勝という大記録も
更新してしまうかもしれません。


男40歳、今ならスーパーミリオンヘアーを受け入れられる・・・
タグ:白鵬 50連勝
posted by nikinaru at 10:19| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

楽天の岩隈選手がメジャー移籍濃厚

岩隈選手は楽天ゴールデンイーグルスの創設から、エースとして
活躍し、今や日本を代表する投手の一人です。


そんな岩熊久志投手(29)は、来季からメジャーに移籍する可能性が
いよいよ高まってきたようです。


来季からメジャーに挑戦する可能性が以前から噂されていた
楽天の岩隈投手ですが、海外FA(フリーエージェント)権は
順調なら2011年シーズン中の取得となるため、


今オフのポスティングシステム(入札制度)での移籍にマスコミは
注目しているようです。


昨年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で
活躍、連続世界一に貢献し、“陰のMVP”と呼ばれたほどの
岩隈投手ですが、この実績を引っ提げて、


メジャーリーグに挑戦する可能性がいよいよ高まってきました。


今オフ中のメジャー移籍が大いに注目されるなか、本人は
移籍に対して「まだシーズンが終わっていない。今、
話すことはありません」とコメントしながらも、


「(今オフのメジャー移籍は)選択肢のひとつではある。
シーズンが終わってからいろんなことを考えて決めたい」
と胸の内を明かしています。


岩隈投手は8月31日のロッテ戦(千葉)で、通算100勝を
達成しています。これは歴代9位タイのスピードとなる
205登板での達成となり、改めて実力のほどを


知らしめていますが、誰もが認めるエースがメジャーへ移籍した
場合、楽天の弱体化は火を見るより明らかで、楽天ファン
にとっては心配の種になっているようです。


現在すでに、岩隈投手の登板試合には、メジャーのスカウト陣が
続々と訪れています。本拠地Kスタには、インディアンス、


Dバックス、メッツなどの球団関係者が視察に訪れており、仙台の
ファンも岩隈投手の移籍をなんとなく予感しているかも
しれません。



ホームラン連発!コアトレーニング 宮本英治 ホームラン技術 打ち方 口コミ
posted by nikinaru at 17:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

長友選手がセリエA・チェゼーナで大仕事

日本代表DFの長友佑都選手(24)が所属するイタリアのセリエAの
チェゼーナが大金星をあげました。


フルタイム出場を果たした長友選手も、相手のエースを抑え込む
十分な働きをこなし、視察していたザッケローニ日本代表監督に
大きくアピールをしています。


欧州王者に7回も輝いている強豪・ACミランといえば、日本の
サッカーファンにもすっかりおなじみの強豪チームですが、この


ACミランを2―0で下す大番狂わせを演じたのが、長友選手が
所属するチェゼーナです。


長友選手は、ブラジル代表の次世代エースと呼び声高いFWの
パト選手(21)とマッチアップしました。


前半、後半、ともに決定的な仕事を許さず、
相手のエースを封じ込める絶妙な仕事ぶりに、視察に訪れていた
日本代表アルベルト・ザッケローニ監督(57)も大変に満足した様子です。


長友選手は、チェゼーナの監督から直接返還要請が出るほど
ディフェンスに信頼を置かれていた選手ですが、この期待を裏切る
ことなく、見事な活躍を見せてくれました。


欧州組の活躍が相次いでいますが、日本サッカー協会の
原博実技術委員長は、アジアカップでの欧州組招集について
「シーズン中で移籍もある時期」ということに配慮し、見送りを


示唆しているが、ザッケローニ監督は召集に非常に前向きで、
「アフリカネーションズ杯にアフリカ人を招集できるのに、
アジアでそうできないことはおかしい」と話し、


17日以降、すぐに日本サッカー協会と招集へ向けて
緊急会談を持つ意向を明らかにしています。



株初心者はセミナーを
posted by nikinaru at 20:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂大輔選手、太り過ぎ?でメッタ打ち

アメリカメジャーリーグ、レッドソックスの松坂大輔投手が、
太り過ぎだとの声が圧倒的です。
来季の契約が危うくなるほどの絶不調に苦しんでいるようです。


7日にボストンで行われたレッドソックス対レイズ戦では、
自己ワーストタイとなる8失点で今季5敗目を喫しました。
2回に同点2ランを浴び、4回には四球を契機に自らリズムを


崩して4失点。5回には再び2ランホームランを浴びて降板です。
今月13日に30歳となる松坂投手ですが、20代最後のマウンドを
白星で飾ることは出来ませんでした。


レッドソックスは、これでワイルドカード争いで首位レイズに
7・5差となり、非常に厳しい展開になってきました。


フランコーナ監督は来季を見据え、今後の試合は若手投手の
起用も示唆しています。松坂選手は腰の違和感を訴え続けており、
ローテーションから外れる可能性も出てきました。


早々とマウンドを降りる松坂選手には、地元ボストンのファンから
容赦のないブーイングが浴びせられました。試合後のコメントでも、


「重要な試合だとは分かっていた。チームにもファンにも
申し訳ない気持ちです。ボールに勢いもないし、切れもないし、
コントロールもなかった」と試合を振り返りました。


もしこの試合で勝利していた場合、9月8日の第3戦には
防御率1位を走るバックホルツを中3日で投入し、プレーオフ進出
への直接のライバルであるレイズ相手に3連勝を狙う予定だった


レッドソックスですが、フランコーナ監督は第3戦先発を
ウェイクフィールドに変更したようです。


そのため、松坂の30歳の誕生日となる13日のマリナーズ戦での
イチローとの“バースデー対決”も消滅しました。



【野球】パーフェクト・トレーニングプログラム 足達貴行 ピッチング 口コミ
タグ:松坂大輔
posted by nikinaru at 10:03| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
サーカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。